おとくなび

【SNSで話題】築年数50年のボロ家が530万円で売れた理由とは?

SNSで話題となったのはこちら…


近所の不動産屋に「ここまで築年数がいくと値段はつけられません」って言われたばあちゃんち、530万で売れた。すごすぎじゃない?0円から530万。マジで。


なかなか反響あるから、もうちょい詳しくいうけど、まず俺のばあちゃん家、ばあちゃんが死んでからもう何年もずっと空き家になってたのね。


で、いい加減売るなり処分するなりしないとな~ってことで、一応近所の不動産屋に見てもらったわけ。そしたら「価値0円」ってやつ言われてさあ、


家って人が住まなくなるとすぐ傷むっていうし、築年数も50年くらいはいってたからそこまでの価値はつかないってわかってたけど、1円にもならないってのはちょっとアレじゃん?


なんとか売れたりしないかな~~~って親父と一緒にいろいろ調べて見てたら、→http://lp01.ieul.jp/… これに行きついたわけですよ。


0円って言われてたのが530万?!なんで???って思うじゃん?そしたら、たしかにそのままだと価値はないけどリフォームして使いたい業者がその値段で買いたいってことらしい。


「近くの不動産屋に相談」っていうのが大多数の人がやることだと思うけど、そこの不動産屋的にあんま価値無くても他のとこで見てもらったら全然高くなってっていうのは結構あるんだと。

ここだと全国のいろんな不動産屋とか業者とかが一斉に査定してくれるから一番高い額つけてくれる人がみつかるってこと
家売る予定あるんだったらここ見てみるといいよ!!→http://lp01.ieul.jp/

相場よりも500万円以上も高く売れる理由とは・・・

某SNSで話題騒然となっていたのは、完全無料で自宅の最高売却額をたったの60秒で出してくれるという不動産一括査定ツールのことでした。

一般的に築年数の10年以上経った家は価値0円とされています

では、一体なぜこの一括査定ツールを使うと価値0円と言われたそんなボロ屋に高値がつくのでしょうか・・・

Point.1 不動産価格の急騰で平時よりも高値で買取してくれる!

実は今、国内の不動産の価格相場が高騰しているんです。

今、相場が高騰している原因は・・・

・政府による景気対策
・不動産投資需要の増加
・超がつくほどの低金利
・2020年オリンピックによる不動産価格の上昇
・円安による外国人観光客の増加→民泊物件の需要増

などなど…です。今は、好材料のオンパレードです。

最近では政府のビザの発給要件の緩和円安による外国人観光客の増加で日本全国でホテルが足りず、訪日外国人の受け皿としてより低価格な民泊の需要が高まっています。

また、政府の民泊解禁に伴い一気に業者が参入してきているため中古の不動産物件は飛ぶように売れ、全く足りてません。出れば、即買い手がつくほどの状況と聞いていますから、競って高額査定を出してきます。

そのため、近くの不動産屋では断られてしまうような解体予定のボロ屋でも、リフォームして使いたい業者も入札するので思わぬ値が付くこともしばしばです。

オリンピック前の数十年に一度の好機は今だけです。この時期を逃すと、逆に不動産バブルがはじけて一気に相場が下がります。

そろそろ…と思っている方。暴落前の今、このチャンスを捕まえておきたいです

Point.2 全国の”買取業者が査定してくれるため”最高額で売却できる!

高額査定を出すには、複数の不動産業者に査定してもらう事は必須です。なぜなら、それぞれの不動産業者によって、専門にしている用途が違うからです。

同じ物件でも500万円以上、査定額が違う。ということも珍しくありません。特に決算時期前には、赤字覚悟で高く物件を買ってくれる場合があります。

複数の業者に査定を依頼していれば、こんなラッキーがちょくちょくあります。

つまり…
高値で売りたいと思った場合には、より多くの業者に査定をしてもらうことが重要になってきます

でも、一社一社連絡を取って直接見てもらって…というやり方では、キリがありません。

そこで私が利用したのが、最高額を引き出す査定額比較ツールです。

このサービスなら、自分で買い取り業者を探す必要がありません。

入力した不動産のデータの中からベストな買い取り業者をサーチしてくれます。

Download Whitepaper
公式サイト:https://lp01.ieul.jp/
*消費税増税前に査定だけでもしてみることをオススメします

実際に使ってみた結果…

実際に、私も使ってみました。

写真は新築の頃のもの

私の自宅(写真に比べて築年数が経ちかなり老朽化していますが…)を試してみました。

近所の買取業車の査定額と、ツールでの査定額で驚きの結果が…

…なんと、553万円も差が出たんです。

査定額比較ツール、最強デス!!(笑)

高値がつくとは聞いていましたが…
さすがに、ここまでとは・・・予想をはるかに超える凄さです。

サービスに登録している買取業者は、ライバル同士、多少無理してでも競って高値を出してくれます。

近所の業者はのんびりしてるので競争意識がありません。実際にこのサービスを利用した人は、平均で500万円も高く売れるデータがあります。

今はこの時より、さらにタイミングがいい時期なので、私みたくもっともっと高値が出る可能性もあります。

もちろん納得の価格だったので買取をお願いしました。面倒な交渉とかはいりません

ツールを使って、後は競い合って提示してくれる最高額の業者さんを選ぶだけでした。

このツールのおかげで、私は予定よりも激的に安くマイホームの買い換えができました。近所の不動産屋だと数百万円は損してたかもしれません

私だけではありません。

ネットをちょっと調べただけですが、すごい実績です。

500万以上の高値がついた人が続出のこの一括査定ツール、かなり評価が高いようです。

しかも、スマホ対応(PCも対応)なのでサクッとエントリーできて、売り時を逃さずに済みます。

一つだけ残念なお知らせがあります。

それは・・・

この調子でいくと、そろそろ買取査定の相場が一気に下がりそうなんです。

ここ1年くらいは、「外国人観光客の増加」と「政府の景気対策」などで空前の高値相場が続いていましたが、

そろそろ、不動産プチバブルが弾けると言われています

幸いまだ、今は絶好の売却時期です。今を逃すと、次のタイミングは1年以上は先になってしまいます。

まずは、いくら位で売れるか見てから考えましょう。

また、3月は不動産買取業者が積極的に仕入をする時期になるためり高値で売れやすいため自宅をすぐに売る予定がある人は今がとても狙い目です。

この時期を逃すと、一気に査定相場が暴落してしまうかもしれません。

また、少しでも売却をお考えの方は、消費税の増税前に売却完了するためにも早めに査定することをおすすめします。

Download Whitepaper
公式サイト:https://lp01.ieul.jp/
*消費税増税前に査定だけでもしてみることをオススメします

公開日: